前回に引き続き行って来ました.

今回2回目ということで,1回目ほどの感動はなかったのですが,今回行って感じたこととしては,これはもはやニコニコだけに収まるようなイベントではないということでした.
以前の超会議は,ニコニコユーザ全体のニコニコの文化祭のような雰囲気がありました.
今回は前回と違い,政党や自衛隊など,もはやニコニコユーザによる日本の文化祭のようでした.

会場では,歩いていると,すごい人だかりができていたので,見に行くと,サプライズでGacktが来ていたり,他にもナインティナインの岡村さんが,踊って歌ったり,安倍首相が訪問していたりで,各地でサプライズがあって,何が起きているか全く予想がつかずの展開でした.
【ニコニコ動画】ニコニコ超会議2での一幕をめちゃイケ風にしてみた

あと感じたことは,何と言っても見渡す限りの圧倒的リア充率!
そして,女子の割合もすごく多かったですね.
ニコニコは出会いの場なんだなということをすごく感じました.
“ロミシン”からニコ動へ、いまは人狼に夢中 JK一年生が語るニコ動の魅力 – ねとぽよ
ネットで出会いの場というと,過去に出会い系サイトとかがあって,すごくネガティブなイメージがついてしまってるんだけど,そのネガティブさを払拭して欲しいですね.
ニコニコ超会議で出会って,結婚したカップルもいるそうですし,もっともっとそういう人が増えるといいですね.
超ニコニコ結婚式│ニコニコ超会議2 公式サイト

ひとつさみしかったのは,コメントを流す巨大スクリーンがなかったことです.
というのも前回は,あの巨大スクリーンの前に集まって,現地に参加できなかったユーザとコミュニケーション取るということができました.
しかし,今回は中央のスクリーンだけになってしまって,ネットの人たちとコミュニケーションできていませんでした.
ちらっとスクリーンを見ると,「コメント見て〜」とか「コメント見てたら手を振って」というコメントがずっと流れていて,悲壮感漂ってました.
確かに,会場全体で情報共有ができて便利なのですが,ネットで見ている人たちにとっては,ただたださみしかっただろうと思いました.


【追記】

あとは,個人的な報告です.

  • プログラミング生放送勉強会
  • 超クリエイターズサミット│ニコニコ超会議2 公式サイト
    個人的には,赤兎馬さんのテレニコツイのコメントの流し方をニコニコトレンドのストリーム画面で参考にしようと思って聞いてました.
    勢いで懇親会に申し込んでして,全く知らない人たちに囲まわておどおど懇親会会場へ行くと,なんと戀塚さんが登場!!
    全く知らなかったので,すごく驚きました.
    かつてない量の唐揚げを食べて,楽しかったです.赤兎馬さん面白かったです.

  • 超文学フリマ
  • 買った本は,
    ・エヴァンゲリヲンのすべて
    ・そしゃげやろうよ!
    ・ウェブニタスVol.2
    ・たまこまーけっと評論集
    でした.
    土塊さんにも挨拶できて良かったです.

    さすがに1人でまわるの精神的に辛くなってきた
    【関連記事】
    ニコニコ超会議は何を起こしたのか – Hope to Action!!