ニコニコでブロマガというブログ+メールマガジンを提供するサービスがスタートしました。niconico「ブロマガ」一般ユーザーに開放 課金にも対応へ | ニコニコニュース

そこでいきなりだけど、僕が以前から思っていたことがあります。
それは、ニコニコに『コミュニケーション』はあるのだろうかということです。
ここで言う『コミュニケーション』というのは、発言をした人を気軽に特定できて(ユーザページに辿り着けるという意味で)、その人のバックグラウンドが多少なりとも把握できている”1対1”のコミュニケーションです。
そういう意味での『コミュニケーション』はとれていないと思っています。

例えば、動画・生放送などにおけるコメント、
特に動画では擬似同期的で、一見話してるように見える場合もあるんだけど,それは1方向で『コミュニケーション』が成立しているとはいえないと思います。
そのうえ、動画では「コメントにコメントするな」とか叩かれる風潮さえもあります。
生放送では、生主によって色々な放送のやり方があり、生主とその他の匿名な視聴者でコミュニケーションがとれている放送もあると思います。
でも、ここで起きているコミュニケーションは1対その他匿名たちの関係であり、少し違います。(184がはずせたり、コメントしている人からすれば1対1だと思っているかもしれない
他で言えば、コミュニティの掲示板は、コミュニティの管理者のみが個人を特定することができます。

上記であげたコミュニケーションは全て、1対多の形式です。
何が言いたいかというと、これらは全て個人が特定されないコミュニケーションなんです。
動画でも生放送でもコミュニティでもどこでも、こいつ良いこと言ってるとか思ってもそれが誰かわかりづらい。(もしくは、良いこと言ってるとか考えもしないか、良いこと言う価値がなく、良いこと言ってる人がいない

でも、ブロマガは雰囲気を少し変えると思っています。
というのも、コメント欄にコメントを投稿すると(もちろんブロマガを書いてもいい)、強制的にユーザ名が表示されるからです。
趣味・興味が共有できている人、良いこと言ってると思える人だとかが簡単に知ることができます。
今まではコンテンツ提供者だけにスポットライトが当てられ、コンテンツに対してコメントをするだけだった”多”な人たちは匿名でしかありませんでした。
そんな”多”の人たちが可視化され始め,その中で『コミュニケーション』が生まれる可能性があるということです。
課金とかできて、なんかちゃんとしたことを書かないといけない気がするかもしれないけど、簡単な日記的な記事もでいいと思います。
ニコニコ友達なんかできちゃうかもしれない!

ブロマガができて個人的に一押しの機能がニコる機能です。
これは「いいね」みたいなもので、僕が見る限り全く使われていないように思います。
今まで全く使われていなかったのは、趣味・興味を共有するような人たちが存在しなくて、ニコること自体に意味が見いだせなかったからだと思っています。
でもどんなユーザか簡単に知ることができ、情報を発信するコストも低くなることで、興味・趣味があうユーザが増えてくると絶対に便利だし、もっと使われるべきだと思います。
その他、使われていない機能・サービスが使われ始める可能性があります。
例えば、人に動画を薦めるためにマイリスコメントをする頻度も高まればいいなと思っています。
動画キュレーターはもっと評価されるべき!

もうランキングから動画を探すだけの毎日はなくなるかもしれません。

以上が僕が思ったブロマガがもたらす変化です。
ちょっと大げさでしょうか。
というわけでブロマガ始めたので、よろしくお願いします。
情報系ニコニコ駆動開発な日々 – ニコニコチャンネル

コメントはまだありません

  1. Pingback: 2013年を振り返る - Hope to Action!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です